HOME
留学先で出会い
   

出会いを求め、お見合いパーティーに参加
留学先で出会い
彼氏とは、学生時代に出会い
新たな出会いを求め婚活パーティーに参加
結婚相談所では、結婚相手の候補
効率的に婚活

 

 私のおばさんにあたる人の話なのですが、子供の頃から、海外に留学をすることを夢見ていたのだそうです。 そのおばさんの話です。テレビ番組で海外が出るたびに、とてもわくわくして、外国に行ってみたいと思うようになったそうです。 学生時代にも、海外に行きたいと思っていたのですが、資金が足りなかったので、結局外国に行く機会を逃してしまったのだそう。 学生時代には、社会人になって働くことができるようになったら、お金を貯めて海外に行こうと思っていたのですが、実際社会人として働き始めると、お金は貯まりましたが、外国に行く時間がなかったのだそうです。仕事が毎日とても忙しかったので、海外に行くことすら考える余裕なんてなかったって。 それよりも、仕事に集中するために、健康管理や睡眠を取ることで頭がいっぱいだったと。 でも、仕事を始めてしばらく時間が経つと、仕事にも慣れて、余裕も出始めたのをきっかけに、夏の長い休みを使って、短期で留学をしてみることにしたんだそう。子供の頃から夢見ていた海外への夢が実現するときには、すごく嬉しかったって話してくれました。

短期留学では、中国に行ってみたのだそう。 欧米にも憧れたんですが、地理的に日本から離れているので、あまり行く勇気が持てなかったみたい。その結果、距離も近いアジアの国を選ぶことにきまたんだとか。 初めての留学は、大成功。 今まで経験したことのない勉強ができて、すごく幸せを感じたそう。それ以来、毎年夏になると、短期留学に中国に出かけていたんだとか。 ある夏、留学先で、おばさんは、ある人と出会い、好きになってしまったのです。 彼とは学校の色んなアクティビティを一緒に参加していたので、相手のことをよく知ることができていたんです。 その人の事をどんどん好きになって、短期留学で来ていましたが、もう日本には帰りたくないと思うようになったんです。 そのことを彼に相談すると、結婚しようと言われたそうです。 自分の国籍と違う人と結婚するだなんて…、考えてみたことがなかったので、びっくりしたっていってました。 でも、彼となら上手く生活していけそうだと思ったので、結局、留学先で出会った彼と結婚することになったんだって。 今は日本での仕事も辞めて、中国に移住して生活しています。留学先で出会いがあるなんて思ってもみなかったな…。  そんな彼との結婚式。好きな人が出来て、いつかは結婚をしたいと考えていましたそうです。 やっぱり、好きな人がいるのであれば、いつまでも一緒にいたいと思うのが普通ですよね。 だから、結婚をして幸せな家庭を作ろうと思ってはいました。そうは言っても、国籍の違う人を好きになるなんて、考えても居なかったそうです。 日本の結婚式は何となくですがイメージできるのですが、中国の結婚式って…。 とはいえ、結婚式場の相場というものを知りません。 そこで、インターネットで調べたりしたそうです。 そうすると、日本の結婚式の費用の相場は、ゲストを呼んで70人から80人ですと300万円から350万円ということでした。

結婚式場で挙げると、これほど費用がかかるとは知りませんでした。 また、地域によって違いはあるようですが、私の住む地域で挙式をする場合の相場もこれぐらいだそうです。 さらに、ご祝儀や両親が援助してくれる場合などを考えると、二人で負担をする平均額は だいたいが100万円ぐらいということでした。 また、結婚式場のタイプによって費用も上下するようです。 事前に知っておけば、貯金する気持ちも高まりますから、がんばれます。 素敵だと思える彼と出会い、結婚を意識したのですから、頑張ろうと思った!って言ってました。でも、その段階ではどちらの形式で結婚式を挙げるのか決まっていなかったみたいです。 日本では、格安で挙げられる結婚式というのもあるみたいで、少し安心したおばさんは、参考までに日本の結婚式事情を話して相談しあったそうですよ。

   6月の結婚式というのは「ジューンブライド」と呼ばれ、昔から幸せになれる結婚式だと言われています。 春、秋の季節も穏やかな日が多くおススメだそう。 春は出会いの季節だと言われていますが、実際のところ、どうなんでしょう。 新しく始めた新生活、大学生活での出会い、社会人になってからの職場での出会い。 確かに、新しい環境に身を置く事が多いのが春ですよね。 結婚式の出席者というのは、地方から足を運んでくれるゲストの人もたくさんいるわけですから、交通の便が良い結婚式場を選びたいものですよね。遠くからのゲストがいたら、新幹線の駅に近いかどうか…。 地下鉄は、電車は?いろんなリサーチが必要ですね。地方から来た人でも結婚式場へ行きやすいのではないでしょうか。 貸し切りバスを手配するという方法もあります。結婚式場を探す場合、ホテルや結婚式場はもちろん、レストランや貸し切りに出来るゲストハウスなど素敵な会場がたくさんあるみたいです。気に入った会場が交通の不便な場合もありますが、ゲストを送迎してくれるマイクロバスを出してくれる会場などもありようで、相談出来るようです。 ガーデンがある会場などは、外で新郎新婦とゲストが談笑を出来たり、デザートビュッフェを行える会場などもあります。 デザートビュッフェは若い女性のゲストや子どものゲスト、田舎から出てきた親せきの人などにはたいへん喜ばれる演出のひとつだそうです。

しかし、6月は雨の多い季節ですからもし雨が降った時はどのように変更になるのかなども、きちんと確認をしておくことが大切かなと思います。冬はとっても寒いので、その演出は良く考えた方が良さそうです。美味しい料理にこだわりたい人でしたらレストランウエディングでしたら、ゲストの人たちに喜んでもらえますし、交通の便を一番に考えるのでしたら、駅前の式場やホテルなどでしたら安心ですよね。 自分がいちばんこだわりたい条件を最初に決めておくと結婚式場選びというのは、選びやすくなるのではないでしょうか。 結婚式の準備というのは大変ですし、決めなくてはいけないこともたくさんあって忙しくもなるようです。 でも、これは新郎新婦が協力をして乗り越えていって初めて上手くいくものですから、ふたりで協力をしあって結婚式の準備を頑張っていきたいです。大変な思いをして行った結婚式だからこそ、終わってみればあっという間ですし、良い思い出にもなりますよね? 一生に一度のことですから、妥協や我慢をせず自分たちのやりたい結婚式を行って、ステキな思い出になる結婚式を挙げたいと思います。 今度、おばさんに、結局どんな結婚式をしたのか、中国式の結婚式はどんなものか聞いてみよう。

  沢山の出会いの中から、結婚を決め、一緒jに生活を始める。そんな中でも、世界中で出会いと別れが起きています。日本人と中国人の国際結婚の離婚率は45%と高めになっています。離婚の原因は一概ではありませんが、以下のような問題点があげられるでしょう。国際結婚の理想と現実のギャップ、言葉の壁、お互いの習慣への不理解、育った環境の違い、慣れない土地での暮らし、また中国人だと日本国籍が目的だったということを後で知って、ショックを受けるということもあります。

今でこそ日本にも外国人が増えてきており、中には帰化して日本人と暮らしている元外国人の方も大勢います。しかし日本は島国であり、単一民族であるということに変わりありません。そのため、他の国の習慣に触れるケースが少ない為、他の国の習慣を認めることに慣れていないのが原因の一つに挙げられるかも知れません。 日本人同士であっても育った環境が違えば意見や価値観の違いが生じ、うまく行かないことも少なくはありません。それが外国人となれば尚更です。よって、必然的に離婚率が高くなってしまうのでしょう。 しかし、折角この人と思える人に出会い、結婚を意識したのでしたら、お互いを理解できるよう努力をし、幸せに暮らせるようにできたらいいですね。

  国際結婚で、大変な事があります。それは、中国人に限らず外国人が日本人と国際結婚をする際には書類手続きを重視する日本らしく、日本人同士で結婚するよりも手続きが複雑で許可が下りるまで時間がかかる事が多く見られます。国際結婚の際にまず提出しなくてはいけない書類は通常の結婚と同様に婚姻届が必要になりますが、その際に外国人は基本的には外国人登録証の提出が求められます。 国際結婚の場合はその他に入国管理局にも婚姻関係を結んだと言う手続きが必要となっており、所轄の入国管理局に行き手続きを行わなくてはいけません。その時は夫婦揃っての申請が必要となり、面接も行われビザの申請や永住権の申請を行う事になります。しかしすぐに許可が下りる事は無く、しばらくは婚姻生活の実態が有るかどうかの審査が行われ中国人に多く見られる偽装結婚の可能性が無い事が確認された上で許可が下りる事になります。結婚って、個人の問題なのに国をはさむだけでこんなに大変な手続きがあるんですね。しかし、そんな手続きに屈しない二人には絆があるのでしょう。 海を隔てたところで生まれて、何かしらの縁で引き寄せ合うように出会いを果たし、お互いに好意を持つようになる。これを運命と言わず何と言うのでしょう…。

  国際結婚の中身を少し調べてみました。国際結婚国別ランキングを見ると男性の1位は中国人女性でした。一方の女性でも3位に中国人男性がランクインしており、中国人との国際結婚は今後も増加していくことが予想されます。また、国際結婚自体も増えていき、特に珍しい事ではなくなってくるでしょう。 中国人に限らず、国際結婚の場合、控除不要はどうなるでしょうか。実際結婚される方もこれに疑問を抱いた方は多かったのではないでしょうか。

結論から言うと、扶養控除は受けることができますが、国税庁の提示している扶養控除の要件を満たす必要があります。 要件としては、納税者と生計を一にしていること。年間の合計所得が38万円未満であること。などが挙げられます。これらの要件を満たすことで、扶養控除を受けることが可能となります。 扶養控除を申請したいけど、要件が満たせているか分からないという方がいれば、一度所轄の税務署に訪れて相談してみるといいでしょう。

グローバル化が叫ばれるここ昨今、国籍の違うもの同士が出会い、結婚に至る事が今より多くなってくる事は容易に予想され、国際結婚はこれからもどんどん増えていくことでしょう。こういった疑問も増えてくることが想定されます。その際の参考に少しでもなれば幸いです。


Copyright(C) Beforehand Photograph All Rights Reserved.